尿酸値を下げる効果があるお酢について 効果的な飲み方

尿酸値を下げる効果があるお酢について 効果的な飲み方

皆さんは、健康診断や人間ドッグでの血液検査で記載されている尿酸値という言葉を、ご存知でしょうか?血液中の尿酸の量をmg/dlの単位で表したもので、7.0r/dlを超えると「高尿酸血症」の疑い有りということで、食事や運動の生活習慣の改善や投薬によって、尿酸値の低下を図るように指導を受けることになります。「高尿酸血症」を放置しておくと、痛風や尿路結石、腎不全等の重篤な症状の発症原因となる為です。

 

尿酸とはどのようなもの?

尿酸とは、プリン体と呼ばれる物質が肝臓で分解されて生成される物質で、体内ではこれ以上、分解されたり吸収されることがありません。健康な成人で約1200gの尿酸を、血液や尿に溶けた状態で蓄積しているといわれています。また、尿酸は絶えず生成され続けます。1日約700gの尿酸が生成され、約8割が腎臓から尿と共に、残りの2割が便や汗と共に、体外へ排出されます。

 

「高尿酸血症」とは、尿酸の体内での生成と排出のバランスが崩れ、尿酸が過剰に体内に蓄積された状態といえます。従って、尿酸値を下げる為の方法として単純に考えれば、生成を抑制するか、排出を促進して、体内の尿酸の蓄積を減らせばよい、ということになります。

 

尿酸値を下げる効果のあるお酢について

体外に排出される尿酸の8割は尿に溶け込んだ状態で体外に排出されますが、尿酸は尿が酸性に傾くと溶けにくくなる性質があります。尿はもともと弱酸性ですが、肉や魚介類、アルコールなどの過剰摂取はますます尿を酸性化させ、尿酸が排出されづらくなります。

 

お酢は、体内でアルカリ性物質として代謝され、尿中に排出されます。その為、酸性尿をアルカリ化させ、尿酸の排出を促す効果があるといわれています。特に黒酢については栄養価も豊富で、脂肪低下効果・血圧上昇抑制効果・血糖上昇抑制効果など、高尿酸血症の合併症となりやすい症状にも効果があると
されています。様々なメーカーで黒酢や、黒酢サプリメントが発売されています。

 

効果的な飲み方

バナナや柑橘類も、アルカリ性に尿を傾ける為、ジュースにして酢とブレンドするのも、飲みやすくするには効果的です。
一方で、尿がアルカリ性に傾きすぎると、カリウムによる尿路結石の原因になるともいわれています。
一度に大量に摂取するのではなく、こまめに少量ずつ飲むように心がけましょう。
サプリメントの場合も、使用上の注意に従い、適正量を守ることが重要です。

 

まとめ

高尿酸血症は、尿酸の生成と排出のバランスが崩れ、の過剰蓄積状態のこと
黒酢は、尿をアルカリ化するため尿酸値の低下に効果あり
過剰摂取は禁物、適正量を守ること

ホーム RSS購読